迷わない歯医者選び

インプラント治療が必要になる場合とは?

歯のレントゲン写真

歯の健康は全身の健康に影響するほど重要な部分であるということが近年の研究から明らかになってきました。
中でも高齢者の口腔機能の維持は健康寿命に関係しているということも分かっており、小さいうちから行う予防歯科に加えて大人や高齢者になっても定期的な口腔ケアが重要であるということが広まっています。

治療歯科から予防歯科に変化しているように口腔ケアの概念は時代とともに変化していますが、そういった変化に伴い治療方法にも新たな選択肢が普及しています。
中でもブリッジや入れ歯に変わって普及し始めている欠損歯を補う方法のひとつにインプラント治療があります。

従来のブリッジ治療では、欠損部分の隣の歯を削って繋がった歯を作製します。
それによって真ん中の欠損した歯を固定し補うという方法です。
保険適用がなされるために選択される患者は多くいますが、両隣の健康な歯までも削らなければならないという大きなデメリットが問題視されていました。
また、その両隣には大きな負担がかかるために、さらに歯の健康被害を及ぼす可能性も高めてしまっていました。
一方の入れ歯という選択肢もまた、取り外して洗浄したり携帯したりといった日常的なケアの手間がかかるという大きなデメリットを抱えていました。
さらに、自分の型をとって作製したにもかかわらず口腔環境の変化によって痛みが生じたり、使用中にはずれてしまうといったアクシデントさえ引き起こすことも倦厭される要素のひとつでした。

以上のように、ブリッジや入れ歯に対して違和感や不快感、不満を持っている患者はインプラントに切り替える検討の余地があるといえます。
もちろん前述したようにブリッジにしていた場合はすでに両隣の歯を削ってしまっているため、インプラントにしてもその他の治療も必要になってしまいますが、それでも切り替えるメリットの方が大きいと判断された場合には適切な処置を行うことでインプラントへの切り替えが可能となります。

また、前述したようにインプラントが必要になるということは抜歯が必要になるという状況に陥っているということでもあるため、かなりのダメージが歯に起きているといえます。
例えば、重度の虫歯をかかえて抜歯せざるをえないほどに深刻な状態である場合や、歯茎に覆われていて治療困難な部分が細菌感染によって炎症を起こしていたり、膿が溜まって周りの歯槽骨とよばれる部分が溶けてしまっていたりする場合が挙げられます。
また、虫歯のみならず歯周病が進行し歯がグラつくほどになってしまった場合や、歯の噛み合わせがうまくいかず矯正治療が必要と判断された場合、そして事故などの非常に大きな力が加わるアクシデントによって歯が抜け落ちるなどの場合も考えられます。

歯科インプラントは人工物を口腔内に埋め込むことで他の自分の歯と同様の働きを持たせようとする外科的で高度な技術が必要とされています。
そのため、インプラント治療を行える歯科医師は限られており自然な噛み心地に仕上げるためにはたくさんの経験や非常に専門的な知識も兼ね備えていなければなりません。
そういった歯科医師に出会える可能性はそこまで高くないというデメリットに加え、インプラント治療は保険適用外の方法のためブリッジや入れ歯よりもはるかに治療費用がかかるという問題点も抱えています。
インプラント治療を選択する際には、自分の口腔状態をしっかりと説明してもらい理解した上で、費用面や時間などを考慮して判断をしなければなりません。