迷わない歯医者選び

ブリッジと入れ歯どっちがいいの?

歯がなくなってしまった場合は、何らかの方法で歯を補う必要があります。
抜けてしまった歯をそのままにしておくと反対の歯が伸びてきてしまったり、後ろの歯が倒れてきてしまったりします。
そうなってしまった場合、噛みにくくなってしまい、右側に歯がないときは左側、左側の歯がないときは右側の歯に負担がかかり、健康だった反対側の歯も悪くなりやすくなってしまいます。
歯がなくなったときの治療方法は、保険診療で行う場合、入れ歯とブリッジという方法があります。

入れ歯の長所は、健康な歯を削る必要がありません。
歯は、削られていない自然な状態が一番健康的な状態です。
歯は一度削ってしまうと元には戻りません。
削って詰め物や被せ物をしている歯は、削っていない歯と比較すると、どうしても自分の歯と詰め物や被せ物の境目に段差ができるので、そこから再度虫歯になるリスクが高くなります。
そのため、歯はなるべく削らない方が良いのです。
また、ぐらつきのある歯でも対応できます。
健康な歯を削りたくない場合やたくさん歯がなくなったとき、全体的に残っている歯がぐらつくときはブリッジよりも入れ歯がよいでしょう。

短所は、自分の歯で噛むよりも噛む力が弱くなります。
味もブリッジよりも鈍くなり温度変化も感じにくくなります。
最初は特に違和感があり、噛み心地が悪くなります。
慣れれば違和感がなくなってくるので、慣れるようになるまでは頑張って使わなければなりません。

ブリッジの長所は、自分の歯のように噛む力があり、自然な噛み心地です。
1本のみなど少ない歯がなくなってしまったときは、入れ歯よりもブリッジのほうがよく噛めます。
入れ歯のように取り外しをしなくてよいので、面倒はなく、違和感も少なくすみます。

短所は、前後の歯がないと使えないということと、前後の歯が全く虫歯になっていなくても、削らなければいけないということです。
また、入れ歯よりも前後の歯に負担がかかり、前後の歯にぐらつきがある場合は、ぐらつきが悪化して土台となっている歯ごとすべて悪くなってしまい、最悪すべて抜かなければいけなくなってしまいます。
そのため、前後の歯のぐらつきが大きい場合は使えません。

入れ歯とブリッジを比較すると、ブリッジのほうが良く噛めて違和感が少ないのですが、たくさん歯がなくなってしまった場合や、全体的に残っている歯のぐらつきが大きい場合は入れ歯のほうがよさそうです。
詳しくはかかりつけの歯科医師に相談してみましょう。