迷わない歯医者選び

妊娠中は虫歯になりやすいって本当?

妊婦は、虫歯になりやすいと言われています。
なぜかというと、つわりがひどくてきちんと歯磨きができなかったり、ホルモンバランスが変化したりするからです。
多くの妊婦はつわりに悩まされており、吐き気を感じる人も多くいます。
安定期に入るとつわりも治まる場合が多いですが、妊婦の中には出産するまで続いたという人もいるようです。
気持ち悪いとどうしても磨き残しが多くなってしまいますし、歯磨き粉の匂いを受け付けなくなってしまうケースも見られます。

また、妊娠するとホルモンバランスが変化しますが、それにより唾液の性質が変わってしまうことがあります。
口の中にいる虫歯菌が増殖しやすくなるので、虫歯が出来やすくなってしまいます。
それから人の口の中は食事をすると酸性になりますが、時間が経つと中和されていきます。
酸性の時間が長く続くと、歯の石灰化が進まないなど虫歯や歯周病になりやすい状態になってしまいます。
つわりのせいでこまめに食事をすることが、虫歯や歯周病になりやすい状況をつくることになります。

もし、妊娠中に虫歯になってしまった場合には、歯科を受診して相談するのがおすすめです。
治療をしても大丈夫か不安になる人もいると思いますが、基本的に治療をしても問題はありません。
麻酔薬を使用する場合でも局所麻酔薬になるので、胎児への影響はほとんどありません。
レントゲン撮影などを行う場合もありますが、お腹の胎児に影響を与えることはほとんどないので大丈夫です。

また、妊娠中に使用できる痛み止めなどもあるので、そういったものを処方してもらうことで痛みを緩和することもできます。
痛み止めの中でもボルタレンなどは妊娠中には禁止されているので、使用しないように気を付ける必要があります。
妊娠中は虫歯や歯周病が悪化しやすいので、早めに対処するのがおすすめです。
ただし、妊娠初期はつわりで吐き気がひどいことも多いので、そういった場合には安定期に入ってから治療を始める方がいいかもしれません。

また、日頃から歯科で定期健診を受けたり、歯石除去などの歯のクリーニングを受けておくと、虫歯や歯周病を予防することにつながります。
虫歯や歯周病になったとしても、比較的軽い段階で対処することができます。
歯みがきの際には、歯ブラシだけではなくデンタルフロスを使用すると、より口の中を清潔な状態に保てます。
こまめにお菓子をつまんだり、甘い飲み物をちょこちょこ飲むのは控えるようにしましょう。