迷わない歯医者選び

歯科で行われる定期検診の重要性とは

歯の定期検診を受ける男性

食べ物を咀嚼するための歯は、こういった役割以外にも身体全身の健康にも関係しているとされており、とても大切な存在です。
しかしそんな歯も虫歯や歯周病といったトラブルによって加齢とともに数が減少していき、日本では平均寿命は長くても歯の寿命は短いといった傾向があることから、歯の寿命も伸ばす必要があると言われています。

そこで歯科医院では定期検診の重要性をアピールしており、歯科医院で定期検診を受けることで、虫歯をはじめとして歯周病や歯肉炎などの予防や早期発見にもつながりますし、歯石やプラークを取り除くことで、見た目にも歯が綺麗になって歯の健康も守ることが可能となります。
さらにこうして口の中をつねに清潔に保つことで、細菌なども減少するために口臭予防効果も期待できますし、こうして口のメンテナンスを実施していれば、歯の減少も防ぐことにつながります。
このように定期健診は歯の健康といった意味でも大変重要性が高く、歯科医院ではその頻度として半年に一回程度が推奨されていますが、患者の歯の状態によってはもっと頻度が高く、一か月に一回といったケースなどもあります。

また定期検診に頼るのはもちろん効果的ですが、それだけでなく日頃からのセルフケアも重要であり、たとえば栄養バランスの良い食事を規則正しく実施するように心がけ、よく噛んで食べるようにするといった食事に関する工夫や、歯を磨く際は丁寧に10分程度磨くようにするといったことも歯を守るためには効果的です。
ただし歯磨きの際に注意しておきたいこととして、綺麗にしたいからといって力を込めて磨き過ぎてしまうと歯茎から出血するリスクや、歯そのものも傷がついてしまうといったリスクもあるので、基本的に力はそんなに入れずに優しく磨くようにしましょう。
そもそも歯磨き粉には研磨剤も含まれるものが多いですし、それを使用すれば優しく磨いても汚れはしっかり落とすことができます。
さらに歯ブラシ以外に歯間ブラシなども使用すれば、より高い効果を期待することができます。
他にも質のよい睡眠やストレスの解消、適度な運動に禁煙といった生活習慣も関係してきます。
定期検診の際には歯石の除去をしたり、たとえ定期検診の時でなかったとしても、歯に痛みや違和感を覚えたなら、すぐに歯科医院を受診することも大切です。

よって歯を守るための方法としては決して難しい事柄ではなく、むしろ誰でも実施可能な単純かつ簡単な方法がほとんどです。
そしてこういった方法を継続させることも重要で、そうすることで大切な歯を失うリスクを下げることが可能となります。