迷わない歯医者選び

目立たない裏側矯正!矯正歯科でできる!

矯正歯科では、叢生や顎の前突といったいろいろなタイプの不正咬合・歯並びや噛み合わせの異常を治療しています。
歯並びや噛み合わせの治療・歯列矯正を希望する患者さんがあげる理由で多いのが、見た目をきれいにしたい・自然な笑顔に自信を持ちたい、というものです。

歯並びや噛み合わせの治療方法では、歯の表面に装置をおいてワイヤーを掛けて力を加えることで少しずつ歯を動かすやり方がよく知られています。
矯正歯科に歯列矯正の相談に来院される患者さんの中には、治療中に歯の表面に器具が装着されて他人から見えやすいことに抵抗があるという方も多いようです。
矯正歯科では、特に成人の患者さんに多い治療中の見た目を気にされる方も安心して受けられる目立たない方法を導入しています。

目立たない矯正治療のひとつが、裏側矯正という方法です。
裏側矯正は舌側矯正ともいい、歯の表面ではなく裏側に矯正装置を装着します。
歯の裏側に装置を置いてワイヤーを掛けるので、治療中であることが他人に知られにくく接客業など見た目を気にする方も安心の方法です。

裏側矯正には、矯正装置を装着していることが目立たない他にもいろいろなメリットがあります。
歯の裏側に矯正装置を装着することで、装置を付け始めた時の滑舌への影響や発音しにくさ、違和感を軽減することが可能です。
歯の表側に装置をつける治療では、ワイヤーの引っかかりが生じて頬の内側が刺激されて口内炎の原因になってしまうことがあります。
舌側に矯正装置を着けることで、ワイヤーの引っかかりからの口内炎のリスクを下げることが可能です。

矯正歯科での歯列矯正治療中は、装置が着けられることによって普段よりも歯磨きがしにくい状況になります。
プラークコントロールが十分にできないと虫歯のリスクが高くなってしまうので、矯正治療中はクリーニングのための定期的な通院が必要です。

裏側矯正治療では舌側に矯正装置を装着しますが、顎の内側には唾液腺があります。
唾液腺というのは、食事をした時に唾液が大量に出てくるところです。
唾液には、食べかすを洗い流したり口の中にいつもいる虫歯の原因細菌が作り出し虫歯を引き起こす酸を薄める働きがあります。
また食事の度に虫歯の原因菌が出す酸によって少しずつ溶け出した歯の表面を修復する再石灰化も唾液の持つ大切な働きです。

顎の内側は唾液腺があることで唾液の対流がよいので、歯の裏側は表側に比べると虫歯のリスクが一般的に低いといえます。
表側矯正に比べ、虫歯予防のクリーニングのための通院頻度が少なくてすむのも、裏側矯正のメリットのひとつです。