迷わない歯医者選び

糖尿病や肺炎の原因は歯周病!?

健康な状態の歯は、歯ぐきとの間に隙間がなく、歯が引き締まっているものです。
しかし、歯周病を患うと歯と歯ぐきの結合組織が壊され、歯周ポケットという隙間が形成されてしまいます。
そして、口腔内に歯周病菌という細菌が生息するようになります。
一方、糖尿病とは、血中のブドウ糖値が高くなる病気で、糖質の取りすぎや体内の血糖値をコントロールする作用に異常が生じている状態を言います。
糖尿病が重症化すると、心臓病や脳疾患、腎臓病や血管の病気など、生命に重大な影響を与える合併症を併発してしまうこともあります。
一見、この二つの病気は全く関係性がないように思えますが、近年では、深いつながりがあることが明らかになっています。

まずは、糖尿病が歯周病の原因になりうることが指摘されています。
糖尿病になると、消化器官を中心とする臓器の働きが弱り、免疫機能が弱体化します。
これによって唾液の分泌が減り、口腔内に歯周病を引き起こす細菌を撃退することが困難になるのです。
逆に、歯周病が糖尿病を引き起こしたり、悪化させることも指摘されています。
歯周病を発症すると、血糖値を下げる働きをするインスリンの働きを鈍くする可能性が高いことがわかってきています。
歯周病を治療することによって、インスリンの働きに良い影響が出たという報告も多数見られることがその根拠となっているようです。
このように、全く関係がなさそうな歯周病と糖尿病ですが、お互いに影響し合っているのです。

続いて、歯周病と肺炎にも因果関係があることも注目されています。
肺炎とは、細菌やウイルスなどの病原体が、肺の中にある肺胞という組織に感染し、炎症した状態になる感染症です。
肺胞とは、酸素と二酸化炭素のガス交換を行う重要な役割を果たす器官です。
もし、肺胞が炎症を起こしてしまうと、ガス交換がうまくできず、酸欠状態に陥ることになります。
酸欠状態が長引けば、死に至る深刻な病です。
ちなみに、日本人の死因の第4位にランクされているということです。
肺炎の原因となる細菌やウイルスとして、インフルエンザ菌や肺炎マイコプラズマなどが有名です。
しかし、高齢者が発症しやすい誤嚥性肺炎は、歯周病菌が原因であることが判明しています。
つまり、歯周病を発症すると、誤嚥性肺炎になりやすくなるのです。

このように、歯周病を患うということは、糖尿病や肺炎といった命に関わる病気を発症するリスクを背負うということです。
口腔ケアを怠ると、思いがけない健康障害が発生する可能性が高まるのです。